スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の規模の大きさと津波がもたらした東日本大震災

     
防災対策の大事な一環として、


原子力発電所の安全確保が命題であることは、


最近の東日本大震災から明らかになりました。






東日本大震災は当初、


その地震の規模の大きさと津波がもたらした


被害が注目され、地震防災対策の新たな局面を開きました。



しかし、その後の経過として、


原子力発電所の安全面と防災対策に関心は移って行きました。




国の防災力診断では地域ごとの


防災対策の取り組みの調査をする上で幾つかの質問を用意しています。



例えば、その地域のリーダーは


防災対策へ取り組む姿勢はどうか、といった質問があります。



その地域に防災対策への関心が高いリーダーがいれば、


地域全体の取り組み方も良くなるということです。


    



みなさんは、原発が、どのようにして動いてるのか、ご存じでしたか?



私はこれまで、「原発」が


どのような原理で作動しているのかまったく知りませんでした。






それはそうですよね。



大学で原子力でも専攻しない限り、そんなこと知るわけがありません。



東工大(物理学科)を出ている菅首相でさえ


「臨界って、何だ?」と有識者に聞いたそうですから・・・。






原発事故での采配が振れる訳もないかもしれませんね。






独自に情報をかき集め、原発について調べ直してみました。






すると、原発が動く原理について、驚くべきことが判明しました。



驚いたことに<原発の原理>それは、


“アクセル”だけで走る車と同じだったのです!


 詳細はこちらをクリック ⇒ http://78q.biz/0/ia35s/




 多汗症の悩み、完全治療マニュアル

 糖尿病と共に歩む会~サラサラ・ブラッド~

 抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法



スポンサーサイト
最新記事
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。